離婚の原因というのは・・・

少し前になりますが、賀来千賀子さんと宅麻伸さんが結婚19年目で離婚されましたよね。



これは結構ショックでしたが・・・



熟年離婚という言葉は良く聞くものの、実際にそれほど長く連れ添ったご夫婦が別れるなんて、と思ってしまいます。



実際、離婚へ至るルートというのはどのようなものなのでしょうか。



結婚したての頃ははアツアツで、お互いへの愛情が充ち溢れ幸せいっぱいだったとしても、子供が生まれたり、仕事が忙しくなったり、長い歳月を一緒に過ごしていけば、環境の変化と共に気持ちも変わっていくもの。



そんなかつての記憶と、今の状況に納得がいかず、「この結婚は正しかったのか」と自問自答を繰り返し、相手の些細なことが気になるようになったり、口喧嘩が絶えなくなったりは、どんな夫婦にもあるものです。



あっ、これって多分どんなご夫婦にもあてはまるかもしれませんね。



「こんなはずじゃなかった」なんていうこと。



そんな時には、やはり「相手の良い点だけを見るようにする」ということを心がけた方が良いと思います。



難しいですけどね〜



長く一緒に居ると、「アラ」ばかり見えてしまうから。



だけど、敢えて「良い点だけに集中してみるようにする」ということを心がけるだけでも違ってきますよ。



「求めない」という本がありましたが、相手に何もかも求め過ぎると、自分にもストレスがかかってしまいます。



期待しないでいると、してくれた時にすごくうれしいですから。



まあ、離婚に至るまでの初期段階なら、この方法でなんとかなるかもしれません。



| 日記