離婚はお金がかかりそう?

離婚のイメージっていろいろありますが、イザ離婚しようと思うと、エネルギーの消費量が多そうとか、慰謝料や養育費などのお金が掛かりそうと思ってしまいますね。



でも、実際には、慰謝料や養育費と言う物は、離婚後に必要となる事が多く、離婚までにかかる費用ではないのです。



離婚までにかかるのは、裁判になった際などに必要となる弁護士、または、行政書士に支払う費用くらいです。



その弁護士や行政書士に払う費用も浮かせたいというなら、調停離婚や協議離婚をオススメします。



協議離婚と言うのは、通常の離婚ですので、役所で離婚届けを出して何ごともなく役所側が離婚届を受理してくれたら離婚が成立します。

その際の費用は一切かかりありません。



まあ、協議離婚で双方の話し合いだけで何のトラブルも無く離婚する、というのが理想の形なんですが・・・



でも、話し合いで解決出来ないくらいの問題がある場合は、調停離婚をした方がいいでしょう。



調停離婚は、家庭裁判所で行われ、調停委員が間に入って、親権や養育費、慰謝料や財産分与に関して話し合いをして、調整してくれるというものです。

調停離婚だと、調停を申し立てるのに必要な費用が安く、手続きが簡単なのでおすすめです。もしかしたら一万円以下で済ませることができるかもしれません。



ただ、費用をかけずに離婚する事はできるかもしれませんが、この話し合いは一箇月に1回しか行われません。



だから意見が合意しなければ、何度も話し合いを行う必要があります。



要するに時間がかかる可能性が大ということですね。



よりスピーディーに離婚したい方には不向きかもしれません。





【満足度96.4%!】どんな離婚問題もスピード解決!澁川良幸が贈る「15,000人の離婚問題解決法」〜あなたの離婚問題もきっと解決できます〜
| 日記