法的な離婚の種類について

離婚って法的に言えば、いろいろな種類があるって知ってました?

とは言え、離婚する人の90%を占めるのが協議離婚ということなので、他の知識はあまり必要ないように思えます。

ただ、その人の置かれている立場や、ご主人との関係によっては、多額のお金が必要になったり、離婚が成立するまでに、非常に長期間かかったりしてしまうことありますので、知識としては頭に入れておいた方がいいですね。

大きく分けて、離婚は4種類に分けることができるのですが、まずはほとんどの方が選択する協議離婚から。

これは夫婦間の話し合いで合意を得ることができれば離婚届を提出するだけで離婚が成立するというものです。

協議離婚をする場合には、夫婦間で様々な取り決めをする必要があります。

財産分与の問題、慰謝料の問題などを、子供がいる場合には、子供の親権や養育費、面談交渉権、監護権などを決めておかなければいけません。

話し合いを怠ると、後々泥仕合に発展することになりますから。書類もしっかりと作っておりましょう。

この書類を離婚協議書と呼びます。この協議書には、先に書いた話し合いで決定したことを事細かに書きこんでおく必要があります。

協議離婚にはお金がかからないというメリットはありますが、もし少しでもこじれそうになったら、専門家の力を借りるという選択肢もありです。


【満足度96.4%!】どんな離婚問題もスピード解決!澁川良幸が贈る「15,000人の離婚問題解決法」〜あなたの離婚問題もきっと解決できます〜
タグ:離婚の種類
| 日記