妻から離婚を切り出す場合の理由とは

離婚といっても、結婚してすぐに別れるカップルもあれば、長年連れ添った夫婦が別れる場合もあります。



特に熟年離婚については、テレビにも取り上げられるほど話題になりましたね。



熟年離婚が社会的注目を浴びるようになり、今までは家族の問題として表面化させることがタブー視されていた夫婦関係について、最近では様々なメディアで大きく取り扱われるようになりました。



中でも、妻からの離婚が増えているそうです。



そもそも、妻に離婚を考えさせる夫とはどういうタイプなのでしょうか。



「妻が生活にストレスを感じるもの」の一位が「夫の存在」という現実がここにはあります。



ある調査会社がアンケートをとったそうなのですが・・・



多くの妻は、「何もしない夫」にうんざりしている様子がアンケートからは見てとることができます。



家事全般はもちろんのこと、朝履く靴下の準備から、テレビのリモコンを手元に置く動作の強要、子供の面倒を見ない、ひどいのは、妻が高熱で寝込んでいる時でさえ、その部屋をのぞいて「晩飯は?」と言ってくる始末。



これでは、離婚したくもなるというもの。



こういう男性は、結婚しないでもらいたいと言いたいくらいです。



男性の方にも言い分はあるのでしょうが、結婚するということがわかっていないような気がします。



| 日記

離婚したくてもなかなかできない方に

離婚したくてもできない人って結構世の中には居るんですよね。

それで、嫌なのにいつまでも一緒に生活をせざるを得ないなんて・・・

地獄だと思います。

そんな方に朗報です!


「もうあんな奴とは1秒でも早く離婚したい!」

「どうしても離婚したいのに弁護士にも無理と言われて…」

「自分から離婚を言い出したけど条件は妥協したくない!」


そんなあなたには特に必見です!


とかく離婚しにくい日本の現状ですが

20,000人という桁外れの離婚問題解決実績を誇る

「ミスター離婚問題」こと澁川良幸が

どんなに難しい離婚問題でも“たった3日”で

望み通りに離婚できてしまう【3日で離婚できる方法】を

公開しました。



数々のテレビや雑誌、そして講演をしてきた中でも

決して語られることのなかった究極の極秘離婚ノウハウが

ついに一般公開されたました!


もちろん、この【3日で離婚できる方法】は

あなた自身で早期離婚を勝ち取るための

こんなノウハウがギッシリ詰まっています!


●3日で離婚するために欠かせない、証拠集めの重要なポイントとは?

●3日で離婚するために、あなたにまずやってほしいこととは?

●一般的には離婚事由として認められない状況でも、3日で離婚できる理由とは?

●確実に3日で離婚するための、絶対必要な意識とは?

●3日で離婚できる、3つの行動とは?

●プロ顔負けの証拠を掴むための方法とは?

●相手が3日で離婚届に判を押さざるを得なくなるテクニックとは?

●親権問題で失敗しないための方法とは?

●慰謝料を世間相場の3倍にするためのテクニックとは?

●養育費を世間相場の3倍にするためのテクニックとは?

●財産分与を世間相場以上に引き上げる方法とは?

●弁護士を雇う場合の私の見解とは?

●弁護士費用の目安とは?

●離婚事由が浮気の場合の「3日で離婚できる方法」とは?

●離婚事由がDVの場合の「3日で離婚できる方法」とは?

●離婚事由がモラルハラスメントの場合の「3日で離婚できる方法」とは?

●離婚事由が教育方針が違う場合の「3日で離婚できる方法」とは?

●離婚事由がセックスレスの場合の「3日で離婚できる方法」とは?

●何となく生理的に相手を受け付けなくなった場合の「3日で離婚できる方法」とは?

●他に好きな人ができて別れたい場合の「3日で離婚できる方法」とは?


これはホンの一部です。


他にも数多くのケースを経験している著者ならではの

具体的事案と解決方法がおさめられています。


早期離婚や妥協せず好条件で離婚したいという方は

是非一度、ご覧になってみてはいかがでしょうか。



=================================

離婚問題の第一人者「澁川良幸」の

【3日で離婚できる方法】を詳しい情報はこちらから

(体験談も多数掲載しています)


 ⇒

【満足度96.4%!】どんな離婚問題もスピード解決!澁川良幸が贈る「15,000人の離婚問題解決法」〜あなたの離婚問題もきっと解決できます〜


=================================
| 日記

離婚はお金がかかりそう?

離婚のイメージっていろいろありますが、イザ離婚しようと思うと、エネルギーの消費量が多そうとか、慰謝料や養育費などのお金が掛かりそうと思ってしまいますね。



でも、実際には、慰謝料や養育費と言う物は、離婚後に必要となる事が多く、離婚までにかかる費用ではないのです。



離婚までにかかるのは、裁判になった際などに必要となる弁護士、または、行政書士に支払う費用くらいです。



その弁護士や行政書士に払う費用も浮かせたいというなら、調停離婚や協議離婚をオススメします。



協議離婚と言うのは、通常の離婚ですので、役所で離婚届けを出して何ごともなく役所側が離婚届を受理してくれたら離婚が成立します。

その際の費用は一切かかりありません。



まあ、協議離婚で双方の話し合いだけで何のトラブルも無く離婚する、というのが理想の形なんですが・・・



でも、話し合いで解決出来ないくらいの問題がある場合は、調停離婚をした方がいいでしょう。



調停離婚は、家庭裁判所で行われ、調停委員が間に入って、親権や養育費、慰謝料や財産分与に関して話し合いをして、調整してくれるというものです。

調停離婚だと、調停を申し立てるのに必要な費用が安く、手続きが簡単なのでおすすめです。もしかしたら一万円以下で済ませることができるかもしれません。



ただ、費用をかけずに離婚する事はできるかもしれませんが、この話し合いは一箇月に1回しか行われません。



だから意見が合意しなければ、何度も話し合いを行う必要があります。



要するに時間がかかる可能性が大ということですね。



よりスピーディーに離婚したい方には不向きかもしれません。





【満足度96.4%!】どんな離婚問題もスピード解決!澁川良幸が贈る「15,000人の離婚問題解決法」〜あなたの離婚問題もきっと解決できます〜
| 日記